朗読の会 「マザー・グース」

東京都江東区を中心に活動している 朗読の会「マザー・グース」のブログです。 ボランティアの活動報告とお知らせ、朗読音声などを掲載しています。

アラスカ旅話 その2 

 

アラスカ旅の報告、今日からはじめます。

9月1日夜、成田発フェアバンクス行き直行便。
およそ6時間のフライトです。
直行便でないとトランジットを入れて、13~15時間かかります。
日本人ばかりジャンボ機に満席ですから、海外へ行くとは思えません。

チェックインは機械を使って自分でやります。
初体験でした。
座席表を見ながら指定していくのは、若い人なら
なんなくこなせそうですが、年配の人はなかなか
馴染めないかもしれません。
幸い私と同行者はPCメールの友達なので
楽しみながらやりましたが・・・

マイレージも使えたのでカードを挿入したのに
「検知できません」の表示がでます。
数回入れなおしても同じなので、係りの人に見てもらったら・・・
なんと、セゾンカードを入れていたのでした。
ほぼ同じ色だったのです!!大笑い。

スタートからこんなことではどうなるんでしょう。


買い物をしてJALカードを出したら大恥なので、
JALカードはサイフの奥深くへしまいました(ハッハハハ)

1回目の機内食はご飯も温かく思わず「美味しいご飯ですねぇ」なんて
褒めてしまいました。
2回目は「輝き」なんて書いてあるお弁当だったのですが、
解凍が不完全でご飯に箸がささらない。
帰国便では「曙」でしたがやはり同じようでした。
折角豪華なお弁当なのに、これでは捨てる数が
相当になるのでは?
2回目はオニギリに味噌汁ぐらいでも十分だと思う。
赤字会社なんだからもう少しコストをさげれば、なんて思いました。


フェアバンクスに降り立つと、晴れ間が見えていました。
天気予報と違っていい感じ!
もしかして晴れ女のジンクス通り、なんて予感が(^.^)
この日は石油のパイプラインの見学と夜はスキーランドへ
バスで行き、深夜までオーロラを待つことに。
車椅子の人達もこのツアーでいっしょでした。
オーロラを待つ小屋は、日本人だけ200人はいたでしょうか!!
ここどこの国状態でした。

が、この夜はかすかに、もしかしてあれがオーロラかも、
程度しかみられませんでした。

CIMG0007.jpg

このパイプラインは、日本の企業が数々の工夫をこらして、
故障なし、腐食なし、そして動物たちのジャマをしないように、
敷設してあるのだそうです。

日本人の技術力はすばらしい!

(by ころん)

category: つぶやき

thread: 海外旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: 0

△top

コメント

 

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top