朗読の会 「マザー・グース」

東京都江東区を中心に活動している 朗読の会「マザー・グース」のブログです。 ボランティアの活動報告とお知らせ、朗読音声などを掲載しています。

アラスカ旅話 その5 

 

3時半過ぎにベッドに入り、モーニングコールは6時。
ホテルは7時出発で、8時15分発のアラスカ鉄道乗車が予定の日です。

昨夜も3時半過ぎ就寝5時半起床でした。
必死で熟睡しようと・・・


モーニングコールがなりました。
相棒の遠藤さんが「まだ5時半よ」とのことで二人とも朝食がないんだから、
もう少し寝ようと思いました。

次にコールがあったときは、遠藤さん
「あら大変、7時よ!!」同時にもう一度の電話に出ると添乗員からでした。


いつもきちんと集合する二人なので、念のため電話をしてみた彼女だったらしいのですが、
私の「まだねていた!!」の言葉で「大丈夫ですから忘れ物をしないで!」と


それから大急ぎで(不思議とあわててはいなかった)着替えて、
トイレへ行って10分で準備完了1回へ降りました。

大勢の外人客がごった返す中、添乗員とガイドが二人のスーツケースをひったくるように奪って
二人は平身低頭バスに乗った。

「イヤァよかったですよ。私たちも今座るところで。
自分たちだけじゃなくって助かりました。
うちは、4時半と5時半にコールがあったんですよ。で、ねすごしました。」

「今日は15分は出発の猶予を考えていたんですよ。だから大丈夫」
添乗員さんはそういって、慰めてくれました。ありがとう!!


今日はもう一つの初体験を。
駅のベンチでメークをしました。
電車の中でやっている若い娘を冷ややかに見ていた私でしたが、
意外と集中できるものなんだと(^.^)・・・

旅仲間には、早業できれいにしたねぇ。なんて冷やかされましたが、
普段もだいたい早業で時間をかけてないから・・・(笑)


快晴の爽やかな朝、アラスカ鉄道展望車が出発です。
フェアバンクスからデナリまで約4時間の旅です。

IMG_0875.jpg


朝食は食堂車。ゆったりと静かな時が流れます。

黄葉・湖や沼・大きな橋・トンネル・カーブ 大きなガラス窓からの景色を堪能しました。

[高画質で再生]

アラスカ鉄道 紅葉(動画がご覧いただけない場合にはこの文字をクリックしてください)

[広告] VPS


[高画質で再生]

アラスカ鉄道 風景(動画がご覧いただけない場合にはこの文字をクリックしてください)

[広告] VPS


[高画質で再生]

アラスカ鉄道 風景(動画がご覧いただけない場合にはこの文字をクリックしてください)

[広告] VPS


「正面にマッキンリーが見えていますよ。あんなにクッキリと見えるのは珍しいそうです」
と添乗員さんが感動の声をあげる。
今回はズウット見えることになるわけだ。
やがて大勢の人が群がっているところに到着。
荷物と一緒にバスで先着していたガイドのきょうみさんが手を振っています。

今回は同じコースの参加者102名なので、黄・赤・青・と班分けされて行動します。
「赤組さんは○時から食事」なんて幼稚園児みたいにね。
皆結構それを楽しんで(^.^)
この旅に出る前、TVでアラスカクルーズを見たときに、
大勢の人達がショッピングをしていたその場所が、ここだった。
私たちも同じように歩いてみた。あの映像ほどの賑わいはもう、なさそう。
この短い秋が終るとここは、来年まで眠りにつくのだろう。


部屋はシャトルバスに乗って、静かな森の中にあるロッジ。
久しぶりに9時に就寝。
今日の空の色は、オーロラが見られそうだけど、明日はまた、4時45分集合だ。

(By ころん)

category: 旅行記

thread: 海外旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: --

△top