朗読の会 「マザー・グース」

東京都江東区を中心に活動している 朗読の会「マザー・グース」のブログです。 ボランティアの活動報告とお知らせ、朗読音声などを掲載しています。

アラスカ旅話 その6 

 

2日間、オーロラを見るために深夜まで起きていたのに出会えませんでした。

よく、オーロラは3日連続して待つとほとんど見られる、といわれます。
今夜はその3日目です。
北欧のオーロラベルトは、9時頃から深夜まで、
アラスカは深夜1時過ぎからが遭遇の可能性のある時間帯です。

私たちは久しぶりにユックリと入浴して、9時過ぎには眠りました。
一度目の目覚めは、11時頃でしたからそのまま眠りに入りました。
つぎは1時過ぎ。どんな空かと、テラスから見上げましたが、気温も低く、
着替えないと出られないのでまたベッドに戻りました。
3時過ぎに目覚めましたので、今度は着替えて外にでました。
この時間からなら、もう集合時間まで起きていてもいいかな、でしたから。
同室の遠藤さんはよくオヤスミですから、そっと。

出てみると、6人の仲間が空を見上げていました。
今日の空の色はオーロラが出る色をしています。
ただ、満月なのです。
街灯もかなり明るい。経験者は私だけなのです。

「もう少し暗い所へ行ってみましょう」ということで、
空を見上げながら移動しました。
すると、飛行機雲のような白い線が出てきました。
私が「小さいけれど、初めはあんなものだからあれは、オーロラです」と言い、
全員で形が変化するのを見届けました。
私は走って、遠藤さんを起こしに!現場に戻ったときには、
ほとんど消えかかっていました。
この夜は、1時半ごろからかなり大きなのが出たそうです。
2回目に目覚めたときに見に行けば、大きいのが見られたかもしれないナ、と・・・残念。
この朝は4時45分集合で、シャトルバスに乗り「デナリ公園ワイルドライフツアー」
バス乗り場に行きます。
今朝は余裕で、一番に集合場所到着。
前日寝過ごし仲間のご夫婦と「今朝は絶対遅れないように、緊張しましたねぇ」

(by ころん )

category: 旅行記

thread: 海外旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: --

△top